バーチャルさんはみているが、僕は見ていられない。

どうもhamaです。あけましておめでとうございます。

最初から本題をかっ飛ばしていきたいと思うのですがもう2019年ということで最初のVtuberブームから早一年がたってしまいました(しみじみ)。

四天王から始まり、諸悪の根源であり極楽の癒しであるにじさんじの台頭、Vsingerやアイドル部、ゲームをやっているtwitterモタクなら遅めに出てきたゲーム部プロジェクト。その他諸々も隅々までチェックしているに違いありませんね。

かくいう私もtwitterニコニコ動画毎日動画を楽しませていただいております。いちから万歳。

 

さてそんなVtuberですが、台頭から一年にして早くもタイトルを手にしてしまいました。それがこちら。

www.nicovideo.jp

 

はい。Vtuber(アニメver)です。

アニメの形式としては、3Dアニメ制作であり、複数のミニコーナーから構成されたオムニバス形式です。まあいっちゃえばポプテピピックですね。

これを聞いたとき私はVtuberの青春ラブコメが見れると思っていたのでひどく落ち込みました。コラボ動画を繋げてアニメにするなんてアニメといえるのかとも思いました。

しかしあまり深く考えるのもよくないと思い難しいことはサヨナラしてVtuber界に訪れた新たな光を手放しに喜ぶことにしました。

 

やったぜ。

 

そんなこんなで放送日を迎え、私はせっかくなのでリアタイ視聴しようとニコニコ動画を開きました。もちろんおたくなので実況用のTwitterも準備万端です。

 

開始3分、僕の頭に開始前には考えられない感想が舞い込んできました。

 

バーチャルさんがみている が、僕は見ていられない。(熱いタイトル回収

 

なんだこれは

 

一人一人の紹介のところで寒すぎてサムスになった。(死語)

f:id:hamarinpoke:20190110235343j:plain

 

いつもVtuber一人一人の素が出ている動画や生放送を見ているからだろうか。

作っている声がとてつもなく気味が悪いのだ。

ニコニコ動画にはポケモンでもないのにたいよろコメント、懲役24分や金のかかったクッキー☆などと散々である。

 

アニメの中身はただのコラボ動画の詰め合わせ。新鮮なコラボが見れるのでオッケー◎とはいかない。アニメといっているのだからアニメらしいことをしてもらわないとアニメになれない。これではアニメを名乗る資格がない。

ゲーム部はコラボもせずに普通に3分の動画あげただけじゃねえかふざけんなもっとコラボ見せてくださいお願いします。

 

こんなうんちみたいな金のかかった動画の福袋にも3点ほどいい点があった。

まず、ED。すき。以上。

 

次、18:22~

電脳少女シロ「バーチャルさんはみているっ!ねぇえええ馬は見ないで!」

かわいい。

 

最後に、月ノ美兎。こいつぁすげえや。

この女、うんこの中で輝いてやがる(感心)。

特に17分からの剣持刀也さんとの絡みはもういつものコラボ生放送のような雰囲気を醸し出すことに成功している。これが良い悪いとかいう話は一旦置いておくが視聴者に面白いと感じさせる能力がアドリブ力と調和して群を抜いているように私は感じた。

 

とまあ少し褒めてみたが、総合的にマイナスなのはどうやっても覆らない。

アニメという看板を背負っている以上もう少しどうにかしてほしいものだが届けこの思い。

けものフレンズのような巻き返しを頼みます。多分もう見ないけど。