読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたと私とカバルドン

3シーズンに渡って共に歩いてきた僕の相棒について少し言いたいことを言いたいと思います。

まず技構成について。

地震/欠伸/怠ける までは確定だと考えている(ここでいうのは所謂物理受けのカバルドン。起点作りのやつは岩石/ステロ/吹き飛ばし/欠伸/とかだと思っている。)。

ラスト候補はステロ/氷の牙/毒毒/岩石。

ステロは裏に抜き性能を高いポケモンを添える時(ex.カムラボルトロス)に有効となるが浮いてるポケモンへの打点がなくなる。

氷の牙、岩石は何を重く見るかで変わってくる。前者はボーマンダ、後者はファイアローを見れるようになる。ちなみに岩石ではボーマンダは見れません。

次に取り巻きに関して。

カバルドンの弱点は特殊高火力。後出しからそれらを受け切るのは難しいため特殊高火力の後出しに欠伸を合わせて眠らせた後抜いていくのが基本方針となる。その時に大事になるのがスカーフガブリアスに縛られないこと。カバルドンの取り巻きはスカーフガブリアスに弱いことが多い(ウルガモスゲッコウガボルトロス)。抜き性能を高いポケモンを配置できる最大数は3。これは構築制限の6からカバルドンゲンガーガルーラを抜いた数である。この3匹に自分が意識した事は

ゲッコウガに対面から勝てる

・カバガッサ対面後出しが安定する

・積み後スカーフガブリアスで止まらない

スイクンに後出しから勝てる

こと。

ここに関してはまだまだ見つけられると思うしORASでやり残したことの一つになった。

この取り巻きが強い構築は自ずと強くなっていくと思う。

最後に立ち回り。

カバルドン最大の障壁は冷凍ビームガルーラ。半分以上削り且つ20%の確率を押し付けてくる脅威。そいつを処理することから始まる。こいつを残すと冷凍ビームだけではなく猫騙し、不意打ちも残るため非常に厄介である。

なので1番勝ち筋が見えやすく自分も好きな選出はゲンガーカバルドン抜きエース。

役割はゲンガー(vsガルーラ)カバルドンガブリアス受け)抜きエース(ガブリアスと3体目を持っていく)という感じになる。

 

カバルドンはとても強く性能でスイクンクレセリアに劣るとは到底思えません。

ブサイクとか言って毛嫌いしてるそこのあなた。

 

カバルドンを使いましょう。